<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
やたらとお給料の話しをする新人スタッフ
実母がまったくお酒が飲めないのにたいして、義理の母とはよくお酒を飲みます。その義理の母はお酒が入ると、「私が言うのもなんですけれど、娘はいい女だと思いますよ。」ということを力説する癖があるのですが、力いっぱい心の底から同意してしまう塾長です、みなさんこんにちは。私が嫁さんと出会ったとき、すでに嫁さんの父は他界していたので、私は義理の父を「思い出話し」の中でしか知りません。でも、もしご存命なら、ぜったい私のような未熟な人間を義理の息子として受け入れてくれただろうか、といつも思います。いつかあの世で「はじめまして」とあいさつするときまでには、自慢の息子になりたいものです。

さて、

新年度を迎えると、新しい生徒さんをお迎えするのと同時に、新しいスタッフたちも入ってきます。
「先生」と呼ばれ、子どもたちの人生を左右する仕事ですから、スタッフの質と、スタッフの質を維持向上させる仕組み作りにはたいへん気をつかいます。ですから、今こうして教室で先生として活躍してくれているスタッフたちはほんとうに優秀で、Study Placeいちばんの「自慢」なのです。

そんなスタッフたちの中で、新人のひとりがやたらとお給料のことについて聞いてくるのです。ひととおりのことを説明はしているのですが、ことあることに、支払いのタイミングやら締め日やらを確認してきます。他のベテランスタッフから「大丈夫だよ、ちゃんとお給料でる会社だから」と言われているのに、いろいろと気になるようです。

あくまで私の経験の範囲で言うと、お給料の話しが多いスタッフはたいてい「残念な」人である確率が高い感じがします。いい仕事をして、子どもたちや保護者のかたを喜ばせることができれば、お金は結果的に意識しなくても入ってくるものです。逆説的ですが、お金のことを気にすれば気にするほど、お金は入って来ない気がします。

ところが、このやたらとお給料の話しをするスタッフは、子どもたちからも保護者の方からも評判がよく、他のベテランスタッフたちからの評価も悪くないのです。

「近頃の若者の考えることはよくわからん。」
という、人類の文明が始まって以来言われ続けている言葉が私のおっさん脳裏をよぎりはじめたころ、


ぽろっと、そのスタッフは言いました。

 
「父の日に間に合わせたいんです、初めてのお給料。」




やっぱりStudy Placeの自慢は「スタッフ」たちです。
TRACKBACK URL
http://study-place.jugem.jp/trackback/1192
TRACKBACK
PROFILE
STUDY PLACE 翔智塾