<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
先取り学習の本当の意義
今日は中2生(新中3)の数学の授業で、2次方程式の解法の一部を説明しました。

 

しかし、カリキュラム内容は「展開」の授業なのです。


「展開」という作業の修得がなぜ必要なのかといえば、それは「因数分解を用いて二次方程式がとけるようになること」のために必要だからです。


いきなり作業方法を教えて解かせる・・・というのもひとつの手法ですが、

私は、できるだけ、「その解法なり概念がなぜ必要なのか」を、授業で語るようにしています。<その先を見せてあげる>というのが、授業の大事な役割だと考えているからです。そうすることで、学ぶモチベーションがぐっと上がりますから。


先取り学習の意義というのは、

「塾で先に習っていたから学校の授業がよくわかる。」

ということではなく、

「学校で授業で習う内容の重要性を理解しておく」

ということだと私は考えています。
COMMENT









TRACKBACK URL
http://study-place.jugem.jp/trackback/973
TRACKBACK
PROFILE
STUDY PLACE 翔智塾